今日もプチ感動!

高槻市の観光スポット・イベント・生活情報を発信しています。趣味はiPadでお絵描き!

【Adobe Character Animator CC】凄い! Photoshopで作成したキャラクターがリアルタイムで動いてる!

Adobe社がリリースしているCharacter Animator/2Dキャラクターアニメというソフトを使ってみました。 このソフトは、IllustratorやPhotoshopで作成したキャラクターをリアルタイムで動かすことができます。 アニメーションというと難しそうですが、「パペット」と呼ばれるテンプレートを編集すると簡単に動かすことができます。

iPadでタイトルムービーが作れる動画編集アプリ「IntroMate – Intro Maker」

動画編集初心者でも、簡単にタイトルムービーが作成できてしまうiOSアプリ 「IntroMate - Intro Maker」を紹介します。 こちらは有料ですが、プロがデザインしたテンプレートからテキストや画像、音楽などカスタマイズが可能なアプリです。 かっこいいタイトルムービーを作りたい方におすすめです。

【iOSアプリVont】テロップ付き動画の作成にはVontがおすすめ!テキストが自由自在に配置できて、しかも無料。

今日は動画に文字を入れるiOSアプリ「Vont」を紹介します。 同じ開発者のYouthhrさんから「Phonto」という画像に文字入力できるアプリもリリースされていますが、Vontは動画の文字入力に特化したアプリです。 iPadでテロップ付きの動画を作りたい場合は、iMovieなどと組み合わせて使うと、自由度の高い動画編集ができるようになります。

Photoshopことはじめ!マウスを使わずに水平線・垂直線を引いてみた。

Photoshopには直線ツールのほか、ブラシツールで【Shift 】キー+ドラッグすると正確な水平線・垂直線を引くことができます。ですが、微妙な位置にマウスポインターを合わせるのって意外と難しいですよね。 今日はマウスを使わない方法を考えてみました。