ダイナミクスは「標準モード」の他「グレーズ」や「ウェットミックス」のモードで、色を重ねる、ぼかす、薄めるといったブラシの質感を変えることができます。

スポンサーリンク

標準

標準モードで表示されるパラメータは、ブレンドに関する設定以外にブラシサイズ・不透明度に変化を与えます。

また、ここで設定した内容は「グレーズ」「ウェットミックス」の2つのモードにもリンクしています。

調整できる内容は以下のとおりです。

不透明度のダイナミクス

  • 速度:-100%~最大⇒ストロークの速度によって、不透明度が変化します。
  • ジッター:なし~最大⇒ストロークの速度によって不透明度がランダムに変化します。

サイズダイナミクス

  • 速度:-100%~最大⇒ストロークの速度によって、ブラシサイズが変化します。
  • ジッター:なし~最大⇒ストロークの速度によって、ブラシサイズがランダムに変化します。
照れる楽じい

尚、これらの調整はどのブラシも変化が微妙です。効果あると感じるブラシに適用してください。

グレーズ

グレーズを使用するとグレインの効果が薄まり、透明感のある質感になります。

特に水彩ブラシのようなグレインが粗い素材のブラシに効果的で、色を薄く均一に重ねることができます。

  • 重ねる:ON/OFF⇒ONにするとシェイプを重ねて描画するため、下のフローが最大だと透明感がなくなり、標準モードに近い質感に戻る傾向があります。
  • フロー:なし~最大⇒シェイプの輪郭をぼかすパラメータですが、不透明度の調整と考えるといいでしょう。

ウェットミックス

ウェットミックスは、水彩画や油絵ような絵の具を水で溶かし、混ぜ合わせるような描画ができるパラメータです。

主に水彩ブラシ、油彩ブラシに効果的です。

  • 希釈度:なし~最大⇒水分の量を表現するパラメータ。数値が高いほど、色を水で薄めた質感になる。
  • 充電する:オフ~最大⇒絵の具の量を調整するパラメータ。数値が高いほど、色が濃くなる
  • 描き始めの筆圧:なし~最大⇒描き始めの筆圧を調整するパラメータ。数値が高いほど、筆圧の影響が強くなり、ペンを早く動かすと「かすれ」た描画ができる(油彩ブラシ)
  • カラープル:なし~最大⇒色を伸ばす強さを調整するパラメータ。数値が高いほど、描画色が伸びやすくなる
  • グレード:-100%~スムーズ⇒描画色の滑らかさを調整するパラメータ。数値が高いほど 滑らかになり、低いとかすれ気味になります。

ブラシ設定③:グレイン 前 次 ブラシ設定⑤:Pencil

ブラシ詳細設定一覧に戻る

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"