令和

こんにちは!楽じい(“@rakujii7“)です。

ついにProcreate 4.3バージョンより「テキストツール」が追加されました。

今までテキストを挿入する場合は、他のアプリを使って Procreateのレイヤーに背景透過で文字を追加 していましたが、今回のアップデートにより不要になります。

スポンサーリンク

Procreate テキストツール①:テキストを追加

テキストの追加方法は、アクションパネルの「+追加」⇒「テキストを追加」をタップします。

テキストを追加

キーボードが出現するので、そのまま文字を入力することができます。

デフォルトでは「テキスト」の文字になっているので、そのままキーボードで編集しましょう。

テキスト入力

文字以外の矢印などの記号もOKです。

またiPad標準のキーボードのほか「新しいキーボードを追加…」している場合でも切り替えて入力することができます。

絵文字も入力

テキストツールは、キャンバス内に複数のテキストが入力でき、それぞれフォントレイヤーとして扱われます。

サムネイルは「A」と表示され、レイヤー名も入力したテキストが表示されるため、管理しやすいですね。

サムネイルA

Procreate テキストツール②:日本語の縦書きに対応

日本のProcreateユーザーにはうれしい縦書きにも対応してくれています。

テキストを「横方向」から「縦方向」に変えるには、編集中のカーソルが表示されている状態で、画面をタップして出現するメニューの中から「縦方向」を選択。

縦書き

※入力したテキストを再度編集するには、テキストを直接 ダブルタップ すると編集状態になります。

楽じい

他にもレイヤーのメニューから編集できますが、直接ダブルタップした方が効率的です。

レイヤーメニューからテキストを編集

Procreate テキストツール③:スタイルを編集

文字の間隔や行間などフォントスタイルを調整するには、キーボード右端の「スタイルを編集」をタップします。

スタイル編集

サイズ

フォントサイズを変更するには、変更したいテキストをタップした後、スライダーで調整します。

注意としては、スライダー以外のキャンバスに手が触れ、カーソルが表示されてしまうとサイズ変更はできません

カーソルが表示された状態からフォントサイズを変更するには、テキストをダブルタップして「すべてを選択」してから行いましょう。

すべてを選択

カーニング

カーニングは、指定した箇所の文字間隔をスライダーで調整することができます。

この時は、文字間隔を調整したい箇所をタップしてカーソルを表示します。

カーニング

トラッキング

トラッキングは、文字全体の間隔を調整します。

こちらもサイズ変更と同様に「すべてを選択」した状態で行いましょう。

トラッキング

レディング・ベースライン

レディングは、テキストの行間を調整します。

レディング

吹き出しの中にテキストを挿入する場合は、テキスト全体の上下を調整する「ベースライン」を併用すると微調整ができて便利です。

また、フォント属性では左寄せなどの変更も可能です。

吹き出し等の図形を描く場合は、QuickShapeを使うと綺麗に描けるので、下の記事を参照してみてください。

その他の文字装飾とテキストの回転

その他の文字装飾

他にもテキストツール以外で文字装飾することができます。

文字色のデフォルトは黒色ですが、カラーツールで色を変更するができ、移動ツールを使うとテキストの回転ワープ変形などの加工をすることもできます。

また、調整ツールでの「ゆがみ」などにも対応しています。

一度加工するとテキストレイヤーからラスタライズされ画像レイヤーとして扱われます。このためテキスト編集ができなくなるので注意です。

お絵描きする

以上、Procreateの新機能「テキストツール」の解説でした。是非、活用ください!では・・・

【Procreateの使い方】まとめページはこちら

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"