まだ文字や数字を覚えていない小さいお子様のために「色覚テスト 幼児用」として、絵や図形を使った色覚検査表を集めました。

「幼児期に検査なんて必要ない」って意見もありますが、親御さんにとって可能であれば早い時期から知っておきたいことですよね。

確実に判断できることではありませんが、少しでも参考になるなら・・・と思い投稿させていただきます。

スポンサーリンク

色覚検査表とは

色覚検査表というのは、色弱者にとって分かりにくい色の組み合せを使って、数字や文字を描いた画像です。

分かりにくい色は色弱のタイプによって違ってくるのですが、

例えば赤と緑の違いが分かりにくいタイプの色弱者に、背景を赤系の色で構成した画像に緑系の色で文字を描かれると区別がつきません。

つまり赤と緑の違いがはっきり分かる一般色弱には読めても色弱者には読めないようにしているのが色覚検査表です。

言ってみれば色弱者にとって「いじわる」に作られています。

また、検査表にはいわゆる正常の人と色弱の人には違った文字を浮き上がせる工夫をした画像もあります。

正常の人が特に不思議に思うのはこういった画像ですが、テストを行う時は間違っていも否定しないでお子さんの発する言葉に耳を傾けてあげましょう。

以下に22種類の画像を載せてあります。ゲーム感覚で行ってください。

色覚テスト幼児用

まだ文字を覚えていない小さいお子さんのために、動植物や図形が浮き上がって見える検査表を載せてあります。

私は2型2色覚といって緑系の色の区別が苦手なタイプです。若干赤系も・・・つまり赤緑色弱の重度

以下に挙げた画像に私が見えている正直なコメントを添えてます。

  • ただ色が散らばって見えているだけのものには「分からない」
  • 曖昧に見えているものには、そのまま曖昧に表現しています。
  • はっきり見えているものは「ハッキリと」と表現しています(ただし間違っている可能性大)

お子さんのコメントと照らし合わせて参考にしてみてください。

テスト1

絵文字のような「笑った顔」がハッキリと分かります。

テスト2

分からない

テスト3

真ん中に目のようなものがあるので曖昧ですが「タコ」に見えます。見方によっては「ヒトデ」にも・・・

テスト4

ハッキリと「うさぎ」が見えます。

テスト5

分からない。

テスト6

分からない。

テスト7

ハッキリと分かるのは「ヤギ」

うしろに「馬」のような形がみえます。

テスト8

「恐竜」か「鳥」の形。

テスト9

分からない。

テスト10

ハッキリと「金魚」の形が見えます。

テスト11

中央からやや左の方の3っの黒い点が動物の顔に見えます。

曖昧ですが、「サル」に見えます。

テスト12

分からない。

テスト13

花びらのように見えます。

テスト14

中央の縦並びに3っの丸い形。1番上がハッキリと「花びら」です。あと2っは何か分かりません。

テスト15

傘が逆さまになったような形が見えます。

テスト16

ハッキリと「アヒル」の形が見えます。

テスト17

「牛」と「犬」がハッキリと見えます。他にも動物のような形が見えますが、何か分かりません。

テスト18

3本の木の中に何か形は見えますが、分かりません。

テスト19

左が〇、右が▢、中央から下に「星形」の図形がハッキリと見えます。

テスト20

左が〇、右に丸いかたまりが見えますが、何か分かりません。

テスト21

右端の「〇」がハッキリと見えます。

テスト22

画像右寄りに、一筆書きで描く「家」がハッキリと見えます。

全部正解なら「正常」と言ってもいいでしょう。ただし1つでも読めなかったり間違ったからと言って色弱とは限りません。

色覚検査表というのは簡易的にできてます。正しい判断は大きくなってから専門の眼科医に相談してください。

また、「色覚検査表 幼児用」と検索するといくつか書籍がヒットします。そちらもどうぞ・・・

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"