こんにちは!楽じい(“@rakujii7“)です。

iPadお絵描きアプリProcreateで、自分の似顔絵を描いてみました。

今まで、SNSのプロフィール画像で、顔出していましたが、使っている写真が古い(若い頃)ので入れ替えてみたんです。

まあ、別に顔を出すのは問題ないんですけど、写真ではインパクトのある顔じゃないんで、今回は似顔絵にしてみました。

こんな感じに・・・

楽じいの似顔絵

仕上げるのに時間はかかったけど、またまた発見があったんで記事にしてみました。

どういうことかいうと、取り込んだ下絵をprocreateでトレースする時、レイヤーを小分けにして下書きすると後が便利なんです。

まずは、下絵をiPadで撮影・・・

似顔絵下書き

下絵を鉛筆で描いて、充分納得してからiPadで撮影すればいいことなんですけど、やっぱり胴体を大きくしたい!または小さくしたい!

なんて思った時は、レイヤーを小分けにしておくと後から調整ができます。

レイヤーの増やし方は、右上のをタップすればドンドン増えていきます。

レイヤー2

あらかじめ胴体、顔の輪郭、眼、口をそれぞれレイヤーで分けて、ペン入れをしてみました。

レイヤー胴体

procreateでペン入れが完成して、納得できれば色塗りしていくんですが、「胴体をもう少し大きくしたいなあ」って時は、分けていたレイヤーを拡大してやればいいんですね。

こんなふうに、胴体のレイヤーを選択後、上のをタップ。

ここで胴体のレイヤーが指定されるので、2本の指で拡大と縮小してやれば自分の好みに変化させることができます。

胴体のレイヤーを選択

形を変えることだってできます。・・・便利でしょ!

胴体変形

他にもいろんな胴体を作っておくことで、キャラクターのイメージをどんどん変えていくこともできます。

チャラケタおやじから紳士に早変わり(笑)

こんな感じに・・・

胴体の入れ替えてみる

一から書き直さなくていいので便利ですよ!

胴体の入れ替え

あと眼の形、口の形もたくさん作っておくことで、いろんな表情にも変えることができます。

眼、眉の形をかえたレイヤーで・・・

偉そうなおやじ(-_-;)アッチ行け!

偉そうなおやじ

ということで、procreateで下絵をトレースする時に、レイヤーを沢山使ってペン入れすると、後から遊べるよ!ってことでした。

Procreate

720円
(2016.01.11時点)
posted with ポチレバ
今日のプチ感

今日も遊んだ!procreateを使っているといろんな発見があって楽しいです。

スポンサーリンク