今日もプチ感動!

高槻市の観光スポット・イベント・生活情報を発信しています。趣味はiPadでお絵描き!

高槻市の公園ガイド

萩谷総合公園(はぎたに そうごうこうえん)

萩谷総合公園は、33.98ヘクタールという広大な敷地の中に、サッカー場やテニスコートなどの「運動系ゾーン」のほか、家族連れで楽しめる多目的広場やわんぱく広場などの「休養・遊戯施設ゾーン」、森林浴や野鳥観察が楽しめる「自然系ゾーン」があります。わんぱく広場の遊具は高槻市内最大級です。

【高槻市 萩谷総合公園】大型遊具から本格的なトレッキングまで、家族連れでゆったり遊べる穴場スポットです。

萩谷総合公園には、野球場・サッカー場などのスポーツ施設。子ども達が楽しめる大型複合遊具。また公園全体の70%が緑地という自然環境を生かして、森林浴や野鳥観察なども楽しめる「自然系ゾーン」があります。

【高槻市】新池ハニワ工場公園

高槻市の新池ハニワ工場公園は、古代のハニワ工場である新池埴輪製作遺跡をそのまま公園にしたものです。 公園内には、発掘調査跡をそのまま保管している「ハニワ工場館」があり、実物の窯を展示しているほか、マンガ陶板や復元埴輪を通して、埴輪づくりの様子が楽しく学べるようになっています。

【筒井池公園】高槻まちかど遺産に設定された桜スポット!桜の種類がいっぱい!長い期間花見が楽しめる場所。

「筒井池公園」は、阪急またはJR富田駅から徒歩5、6分の場所ある駅近!桜スポットです。 また、高槻 まちかど遺産に設定されている歴史ポイントでもあり、付近には酒蔵や本照寺、三輪神社、普門寺などの史跡も数多くあります。 花見と一緒に歴史巡りも楽しめる、ちょっとした高槻の観光スポットです。

【高槻市】摂津峡さくら祭り2018 開催期間は3/31(土)~4/15(日)まで

高槻市観光協会が主催する春のイベント、摂津峡さくら祭りが今年(2018年)も開催されます。 期間は、3/31(土)~4/15(日)まで、メインイベントは4/7,8(土日)の2日間です。 開催期間中の金・土・日は、設置されたぼんぼりが点灯し、夜桜も楽しむことができます。

【高槻城跡】かつて高槻城は、三層の天守を持つ徳川の城だった。

高槻城は、戦国時代にキリシタン大名の高山右近が城主をつとめたことで知られていますが、現代に残されている痕跡は、江戸時代の元和3年(1617)に徳川幕府が行った高槻城の大修築によるものです。 大修築よる高槻城は、三層の天守を持つ徳川の城でした。