安満遺跡公園の基本情報

場所 高槻市八丁畷町12
アクセス ・JR高槻駅 南口から 徒歩(約15分)
・阪急京都線「高槻市駅」から 徒歩(約10分)
敷地面積 約22ヘクタール(甲子園球場約5個分)
駐車場 大型駐車場(未完成)
遊具 設置予定
施設 パークセンター、全天候型「子どもの遊び場」、子ども未来館、カフェ、レストラン、歴史展示施設など
地図

2019年3月に一次開園する「安満遺跡公園」は、京大農場の跡地と弥生時代の歴史資産「安満遺跡」を含めた一帯を整備した公園です。

駅近でありながら、約21ヘクタール(甲子園球場約5個分)という広大な敷地には、全天候型の子どもが遊べる施設のほか、カフェ・レストランなどが設置されます。

また、園内で市民活動やイベントが数多く展開できるように、パークセンターには多目的スタジオをはじめ休憩スペースやシャワールームも完備されます。

参考:安満遺跡公園パンフレット

スポンサーリンク

安満遺跡公園のロゴ

安満遺跡公園のロゴ
画像:[http://www.city.takatsuki.osaka.jp/material/image/group/128/amarogo.jpg]

安満遺跡公園のロゴデザインは、インターネット上の「クラウドソーシング」より公募したもので、提案のあった中から市が10案を選出し、街頭で人気投票をして最終決定されました。

弥生人をイメージした分かりやすいデザインですね!

同時にキャッチフレーズは、弥生時代の遺跡が高槻に存在することから「日本の始まり、高槻に。」に決まりました。

一次オープンの施設

一次オープンで予定されている施設。

子どもの遊び場(ボーネルンド)

全天候型の子どもの遊び場は、子どもの成長に欠かせない「あそび」を追及する株式会社ボーネルンドが運営。専門知識を持つ「プレイリーダー」を配置します。

安満遺跡公園内のカフェ・レストラン

安満遺跡公園内に設置されるカフェ・レストランは、株式会社バルニバービが運営します。

  • カフェとテイクアウトを中心とした「GOOD MORNING CAFE」は、店内約10席、テラス席約22席。(8時から20時まで営業)
  • イートインを基本としたカフェレストラン「SUNDAY’S BAKE 569」は、店内約84席、テラス席約154席。(11時から22時まで営業)

屋上には、自然と共生するハーブ園「HARB GARDEN」が設置されます。

楽じい

只今「GOOD MORNING CAFE / SUNDAY’S BAKE 569」のオープニングスタッフ募集中ですよ!

求人情報公園内にできるお洒落なカフェ&レストラン♪イチから一緒にお店作りしませんか?<年間休日100日以上>

パークセンター

パークセンターでは、市民活動によるさまざまな体験プログラムが実施されます。

  • 工作・調理室⇒工作体験や調理教室などを実施
  • 多目的スタジオ⇒ヨガ、ダンス、体操教室
  • 多目的室⇒セミナー、講演会を実施
  • ランニングステーション⇒園内でランニングなど汗をかいた後のシャワールーム。
  • 休憩スペース⇒エントランスホールには休憩できるスペースを用意。

安満遺跡公園の駐車場

安満遺跡公園の駐車場

安満遺跡公園の駐車場は、西エリアのメインエントランスと東エリアの2か所に設置されます。

一次オープンとなる西エリアは、ほぼ完成。料金や収容台数は公表されていませんが、大型駐車場になるようです。

安満遺跡公園の指定管理者(パートナーズ)

安満遺跡公園の管理・運営を行う指定管理者(パートナーズ)は、以下の民間企業に決定されました。

  • 西武造園株式会社
  • 株式会社ワールドインテック
  • 株式会社地域環境計画

公園の利⽤促進事業では、食のイベントキャンドルナイト防災キャンプ健康プログラムなど多彩なイベントやプログラムの他、パークシアター(野外映画祭)も開催されるようです。

また公園の東側には、指定管理者の負担による 屋外休憩施設「屋根付きテラス」が整備され、植栽の維持管理では ヤギによる草地管理 も導⼊されます。

安満遺跡公園オープンは、2019年3月23日(土) 

安満遺跡公園の一次オープンは、2019年3月23日(土) 

レストラン&カフェ「SUNDAY’S BAKE 569」や全天候型の子どもの遊び場、ボーネルンドも同時にオープンします。

オープン初日は、ステージイベントやフードブースが設置され、様々なイベントが開催されます。

開催時間は、10:00~16:00まで。予約は不要です。もちろん無料なので高槻まで遊びに来てくださいね。

全面オープンは、2021年の予定

全面オープンは、2021年の予定です。

昭和初期に建てられた「京都大学農学研究科附属農場」の校舎はリノベーションされ、健康食レストラン(バルニバービが運営)、歴史の展示スペース歴史の体験スペースなどに変わります。

こちらの選定事業者は「expo・森田・京 設計共同企業体」の方がリノベーションされるようです。(安満遺跡公園歴史拠点施設改修設計業務事業者)

楽じい

個人的に一番気になるところ!この校舎がどう生まれ変わるのか?楽しみです。

犬の幼稚園(ドッグラン)、体験型キャンプカフェ

他にも全面オープンすると、公園内にドッグランや毛をカットするトリミングしつけの手助けになる「犬の幼稚園」を展開。⇒株式会社AsoboLabo(アソボラボ)

また、キャンプ用品を使って、料理や飲み物を提供する「体験型キャンプカフェ」などができるようです。こちらは、高槻市の株式会社グローウィングが運営されます。

楽じい

全面オープンは、まだ先のことですが、こちらも楽しみですね!

2018年の工事の状況をレポートしています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"